京都前撮り

 

京都の前撮りだから味わえるロケーションフォト

 

京都には、さまざまな日本庭園やお寺、四季折々の美しい自然が楽しめる場所がたくさんあります。
外国人の知名度も非常に高く、世界でも有数の観光地として知られています。


観光地


そんな京都において、ロケーションフォトを撮影したいと願っている人が増えています。
特に、結婚写真を残すために京都独特のロケーションに
強いこだわり持っているカップルも多く見られます。
お勧めは京都の和装前撮り「美翔苑」


慌ただしく天候がどうなるか不安もある当日ではなく、
結婚写真を前撮りしておくことによって、余裕を持ちながら
撮影を進めることができるのです。


余裕がある

 

安心してプロのカメラマンに任せられますので、一番綺麗で自信の持てる
自分たちの姿を残しておけるというメリットがあります。


このように、京都における結婚式のロケーションフォトの依頼は、年々増え続けています。
専属のスタイリストも同行していますので、モデル気分で気持ちよく
撮影に専念できると親しまれています。


式を挙げずにロケーションフォトだけ撮影する人にも便利です。

 

ウェディングフォトの歴史|現代は式を上げずに写真だけも一般的

日本におけるウェディングフォトの歴史を紐解いたとき、結婚式を執り行うことが
やっと少しずつ始まってきたとされるのは明治時代中頃で写真もあった時代であると
考えられています。

 

日本にはそもそも古来より結婚式という儀式を行う習慣はなかったうえに、
時代劇などで見られるような白無垢などでの祝言も家族や親戚への単なる
お披露目程度の意味合いを持つものだったのです。

 

しかし海外との交流が始まってから結婚式の習慣も持っていない野蛮な国と
いう諸外国の評価に困惑して、日本でも結婚式が徐々におこなわれるように
なったというわけです。

 

また昭和の第二次世界大戦後の高度経済成長の時代になると、一般の家庭でも
高価な結婚式を挙げることが可能となったこともウェディングフォトが広まった一因です。

 

しかしその頃でも一方にはまだまだ経済的に恵まれない家庭があったことも事実で、
高価な結婚式は挙げられないがせめて思い出のひとつとしてウェディングフォトを
残そうと考える人もたくさんいました。

 

そして現在のような昭和の高度経済成長の時代とは大きく掛け離れた、少子高齢化で
若者の正社員率の低い時代では結婚式の写真が結婚式そのものという考え方も
増えてきているのです。