京都前撮り

琵琶湖はウェディングの前撮りにぴったり

 

サイトTOP 美しい姿で  フォトプラン 前撮りいくらかかるのか 京都ならでは 京都の前撮りロケーションフォト 京都の前撮り価格帯 最高の撮影ロケーションの京都で前撮り 和装京都の前撮り 京都の和ロケで前撮り 洋装の京都での前撮り 前撮りの前に考えたい 神社で前撮り撮影 琵琶湖での撮影 希望を伝える指示書 人気の顔隠しショット 当日はセルフメイクで 角隠しや綿帽子で撮影 早朝の前撮りのメリット スタジオ撮影の魅力 サイトMAP


結婚式の前撮りフォトを、水辺のロケーションで撮影しようと考えている人は多いのではないでしょうか。
もし近畿地方での撮影を希望するのであれば、琵琶湖の湖岸を選ぶのもおすすめです。

 

水辺のロケーション撮影というと、どちらかというと海でするイメージを持たれることが多くあります。
しかし湖には海とは違った、淡水ならではの魅力があるので検討してみても良いかも知れません。

 

近年ウェディングの前撮りのロケーションとしても選ばれることが増えている注目の琵琶湖は、
滋賀県にある日本でも最も大きな面積を誇る湖です。

 

「琵琶湖八景」とも呼ばれる8つの魅力的な景色が見られる名所があるほか、
まるで海のような開放感がある広い砂浜もあります。

 

水辺での結婚写真の前撮りは白いウェディングドレスに映える、
青い海や水面を背景にしたいと考える人は多いでしょう。

ドレスで撮影

 

琵琶湖の岸なら、天気の良い日には透明感のある水辺で洋装に良く似合うウェディング写真を撮ることができます。
海での撮影は潮風があるため、べたつくのが気になるという人は少なくありません。

 

とはいえ淡水の琵琶湖であれば、潮風のドレスや肌への影響を気にすることなく撮影ができるはずです。

エンゲージメントフォトにも最適な琵琶湖

 

結婚を決めたカップルの間では、近年エンゲージメントフォトを撮る人たちが増えています。
婚約してから結婚式を挙げるまでの間に撮影するのが、このエンゲージメント写真です。

 

とはいえウェディングフォトほど一般での認知度が高いわけではないため、
聞いたことがないという人もいるかも知れません。

 

結婚式を挙げることを決めたカップルは、前撮りでウェディングフォトを撮影することが多いです。
婚約後に記念写真として撮影するエンゲージメントフォトと、どう違うのか分からない人も多いと思われます。

写真の前撮り

 

結婚式の前撮り写真は、洋装なら新郎はタキシード・新婦はウェディングドレスといった婚礼衣装で撮るのが一般的です。
しかしエンゲージメント撮影はこういった正装ではなく、よりカジュアルな私服が選ばれることが多いです。

 

2人でデートをするときのスタイルで、肩ひじ張ることなく気軽に写真撮影ができます。
撮影場所もウェディングの前撮りと比べると自由度が高く、屋内外の様々なところが選ばれます。

 

海や湖などの水辺もロケーションとして人気があり、滋賀周辺なら琵琶湖畔もおすすめです。
透明度が高い水面を背景に、爽やかな空気の中で素敵な1枚を残すことができるでしょう。