京都前撮り

 

フォトプランの特徴

 

京都での前撮りのフォトプランの特徴で多いのは、やはり和装での撮影です。
京都という和風な町ならではの本格的な写真を
本格的な和装で撮影することができます。


本格的


着用する着物は本物で、本場の京ブランドの着物を使っている場合が多いです。
そして、撮影場所も風情のある街並みの中だけでなく、桜・紅葉の名所、
さらには特別に撮影許可をもらっている神社仏閣などでも
撮影ができるプランもあるので、本物の着物と和の街並みで
本格的な写真を撮影することが可能です。


プラン内容

また、和装だけではなく、和装と洋装を1点ずつ選ぶことができる
プランもあり、様々なパターンを選択する楽しみもあります。


そして、美容師も同行するプランや軽食付きのプランなど、細かい部分にも
配慮されたプランも備えている場合が多いので、安心できます。


前撮りは結婚式前の一生に一度の思い出作りの一つです。
そんな大切な思い出に本格的な和装、本格的な撮影場所を選べるのが特徴である
京都での前撮りも非常によいと思います。

 

ヨーロッパで行われていた習慣が由来!ブーケの始まり

ブーケの元になるものは、19世紀初め(1800年代前半)のヨーロッパで
生まれたと言われています。約200年前なので、日本では江戸時代後期のことです。

 

その当時花嫁衣装とセットになるアイテムは、白いギンコウバイやオレンジの花で
できた「花かんむり」でした。白は「純潔」、オレンジは「(実をたくさんつけることから)
子宝に恵まれますように」と言う意味があったそうです。

 

つまり、始めから花嫁がブーケを持っていたわけではなかったんですね。
現在のブーケが生まれるのは、20世紀に入ってからのことです。この時代には、婚約した女性へ
男性が花束を贈る習慣がありました。

 

それが「結婚式の朝、花婿から花嫁へ花束を贈る」と言う習慣へ変わり、ウエディング
ブーケになったとされています。

 

日本にこの習慣が入ってきたのは、1960年代中期になってからです。
洋風の結婚式が流行するとともに、ブーケを持つ花嫁が増えました。

 

一方で、最近は和風の結婚式を行う「和婚」もブームになっています。
それに合わせ、ブーケも和装に合わせたものが作られていることをご存知でしたか?
「てまりブーケ」や「ボールブーケ」は、流行に敏感な花嫁さんなら注目のアイテムです。