京都前撮り

和ロケを楽しむ

 

モデルでなければ屋外でのロケなど普段経験できることではありませんよね。
しかし、前撮りは衣装を着てヘアメイクをしてもらい、屋外のロケ地で
撮影してもらうことができます。


京都では和ロケが人気です。
古い町並みや神社といったロケ地には、和装がとても良く似合いますよ。


結婚式はウェディングドレスを着てチャペルでおこない、披露宴も
カラードレスという方は、和装の姿も写真に残しておきたいですよね。


洋装と併せて


前撮りは和装をしたいという方は、京都での撮影がおすすめです。
祇園では、結婚式の和ロケをしている姿を見かけますが、
まるでモデルになったように撮影ができますよ。


観光客が多いので、注目を集めることになりますが、それも楽しい経験でしょう。


早めに撮影しておけば、披露宴のアイテムにも使えますので
親しい方々にお披露目することができますよ。


美しい和装姿や2人らしい個性的な写真を撮影したい方は、
京都の和ロケで前撮りをしておいてはいかがでしょうか。


京都での撮影

 

昔は婿入り婚が一般的だった?日本の婚礼文化の歴史

結婚のあり方というのは、時代が変わるに連れて変化していきます。
かつて結婚式というと、自宅に招待客を呼んで宴を催し、結婚の記念には夫婦を
撮影するというささやかなものでした。

 

しかし1970年代以降はブライダル市場が拡大し、ホテルでの結婚式があたり前と
なり大勢の招待客を呼んで祝うという形式が当たり前になっています。

 

変わったものといえば、他にも新郎新婦のどちらの家に入るのかということも
変わってきました。

 

それというのも、夫婦の間で子供が生まれたら育てるのは母親になる女性です。
そのことから女性側の家が基準となる母系制氏族という風習が生まれました。

そのため、婚約や結婚式などすべてのお祝いを女性側の家で行っていたのです。

 

それが平安時代までのことで、やがて家の中心が男性側に移り、それまで女性側の家で
やっていたお祝いを男性側の家で行うようになりました。ただ、最初は女性は実家で
暮らしながら子供が出来るまでは男性の元に通うという形がとらえていました。

 

戦国時代から江戸時代になってくると、完全に女性が男性の家に届く嫁入り婚へと
変化していき、現代でも結婚というと女性が男性の家に入るというのが多いです。

 

このように結婚のあり方は、家をどういう風に考えるかによって変化していっています。
戦後になって家長制度がなくなり、古い考えにこだわらない人が増えてきている中で、
また新しい結婚の考え方が生まれているので、嫁入り婚ではないまた別の結婚が
新しい主流になる可能性も否定できません。

 

京都で前撮り 結婚写真 特徴 相場 価格帯


出来ること 和装 和ロケ SITEMAP